定義することと排除すること

昔から「あなたは〇〇だよね」って言われるのがすごく嫌で、勝手に決めつけないでよって思ってた。つまりカテゴライズされて、定義づけられることに強い嫌悪感を抱いていたと言ってもいいかもしれない。 ところが、最近すごくモヤモヤしていることがある。そ…

8月12日

今日は祖母の命日。3年前の今朝、突然兄からLINEが来た。「おばあちゃんが亡くなった。帰ってきな。」まだ寝ぼけていたから夢かと本気で思った。前回帰省したときはピンピンしてたじゃない。たしかに祖母は病気を抱えていて、突然病状が悪くなる可能性は十分…

言葉の魔法使い

感情を分析して言葉に表すということはとても難しい。言葉が好きで好きでたまらないって思うけど、私は自分の生み出す言葉が好きになれない。だって薄っぺらいもん。限られたボキャブラリーの中で感情や思考を紡いでいくと、出来上がったものはペラペラの紙…

21

21歳になった。だからといって自分の中で大きな変化があるわけでもなければ、体が大きくなるわけでもない。ただ数字が変わるだけなんだけど、やはり何かしらのことは変わっているのかもしれない。例えば「責任」。たしかに年々「自由」を少しずつ手に入れつ…

新たな一年を目の前にして(1/1/2018)

あと40分で2017年が終わるらしい。正直自分の中では年が変わるんだという実感はないけれど、周りを見渡すと齷齪動いている人がいて、そこで初めて「あぁ、終わるのか」とほんの少しだけ感じる。 2017年という年はなかなか一言で言い表すことはできないし、ま…

親子関係の構築

親子って、家族ってなんだろう。 私の場合、特に父親との関係性はほかの誰とも異なる不思議なものだと思う。だって、20年一緒に過ごしてきても未だに彼に話しかけることが苦手だし、二人きりで一緒の空間にいたら緊張しすぎて疲れるもの。 18年間一緒に暮ら…

溢れ出た思い〜「怒り」を観て

映画についてブログに書くのは初めて だけど頭で考えるより先に手が動いてしまった 今日書くのは「怒り」という映画について 話題になっていたこともあって前々から気にはなっていたんだけど、映画館には間に合わず、昨日やっとDVDで観れたのです 映画の内容…

つい笑顔になってしまう場所【ニュージーランド・クイーンズタウン】

テカポの美しさに後ろ髪を引かれながらも、クイーンズタウンへバスで向かった。 テカポからクイーンズタウンまでの道のりには、またもや美しい光景が広がっていて少しも飽きることなくクイーンズタウンに着いてしまった。 クイーンズタウンへ一歩降り立った…

二十歳の誓い

日本へ帰国する日、空港で自分に誓った。 ... 今日は日本に帰国する日。 3月下旬、もう暖かくなって来ているだろうか。 一年前の今頃、休学することを決めた。 あのときの決意は固く、必ず達成しよう、いや達成できる、そう思ってた。 でも結局自分の弱さを…

憧れの...ついに!!【ニュージーランド・テカポ】

ついに、ついに、行ってしまいましたよ!! そう、テカポへ…! いつか空一面に広がるたくさんの星を見てみたい、そう思っていたんだ。 ニュージーランドへ行くことが決まってから、テカポの星空だけは外せないって思ってたの。 (ちなみにオークランドを発っ…

多様性のなかにある自然【ニュージーランド・オークランド】

あの子がいるあの街はいったいどんな場所なんだろう。 NZで一番栄えている都市ということは知っていたけれど、どんなものがあるのか、どんな人がいるのか、全く見当がつかなかった。 飛行機のなかで、あと6時間、4時間、30分…やっと降りたてる!あの子に…

ある一日

あと3分で電車が来る向かいのホームをぼーっと眺めるスマホ片手に立ってる人苛立った顔つきで急ぐ人だれかと話しながら笑う人マフラーにマスクに完全防寒で縮こまる人みんなどこへ行くのかな仕事?遊び?はたまた散歩?今日はいい天気だものね風もなく暖か…

10代と20代の境目、成人とは何なのだろう

成人って?そんなにおめでたいことですか? 誕生日をまだ迎えていないから正確には20歳ではないけれど、今年は私たち96、97年生まれの世代が成人する年。私は成人式にはいかなかったけれど、まぁ「普通」に考えるとおめでたい行事なわけですよね。でも…

”わたし”を受け入れて、そこから一歩踏み出す

もう何ヶ月も前から、外に出たい欲求が激しい 国内国外問わず、行ったことのない土地に まずは一人で行ってみたい 見たことのない景色、聞いたことのない音、感じたことのない風、話したことのない人 嗅いだことのない匂い、食べたことのない料理、触れたこ…