”わたし”を受け入れて、そこから一歩踏み出す

もう何ヶ月も前から、外に出たい欲求が激しい

国内国外問わず、行ったことのない土地に

まずは一人で行ってみたい

見たことのない景色、聞いたことのない音、感じたことのない風、話したことのない人

嗅いだことのない匂い、食べたことのない料理、触れたことのないもの

そういうものに出会いたい

ありきたりな考え方だけど、一度きりの人生、限られた時間、その中でできるだけ多くのものを吸収したいじゃない

 

https://www.instagram.com/p/BOLh93lgEHQV_l3bdOZAIz40TOaRaZLAzteIfs0/

わたしは多分根っからの飽き性

一つのことだけを何年も何年も、とは続かない

途中で止めてまた再開することはあるけれど、ずっとは無理

本当につい最近まではものすごくこれがコンプレックスだった

どうしてこんなに継続力がないんだろうって毎日のように嘆いてた

続けたい気持ちはあるのに頭の7割くらいが徐々に違う関心に向いてしまう

もちろん今も完璧にコンプレックスじゃなくなったわけではないけれど、少しずつこういう自分を受け入れ始めている

こういう性分ならそれはそれで、むしろ関心のあることには色々手をつけてみてもいいんじゃないか

最近はこう思い始めている

だから行きたいって直感でビビッときたところへはまず行ってみよう

会ってみたいって思った人にはどんどん会いに行こう

 

きっとわたしの周りにいるオトナたちの半数くらいは、「あっちこっち手を出したらものにならないよ」「一つのことを継続するからこそ意味がある」というようなことをいうと思う

すでに数人浮かんでくるから

だけど今現に、そういう状況が苦しくなってしまったの

だから一回、あえて多方面に手を出してみる

うまくいかなかった時は、それはそれ

そういう失敗だって身をもって経験しなきゃわかりっこないから

どういう生き方がいいのか、これは世界中でただ一人、わたしだけがわたしのために経験して考えて、そして選択していくものなんだ

わたしがわたしに対して持っている責任は重大だね