憧れの...ついに!!【ニュージーランド・テカポ】

ついに、ついに、行ってしまいましたよ!!

そう、テカポへ…!

いつか空一面に広がるたくさんの星を見てみたい、そう思っていたんだ。

ニュージーランドへ行くことが決まってから、テカポの星空だけは外せないって思ってたの。

(ちなみにオークランドを発ってから二泊クライストチャーチに泊まっているんだけど、街のほとんどが工事中で柄にもなく一人寂しい思いをしていたので割愛します)

もう本当に楽しみにしていたんだけど、朝クライストチャーチからバスに乗り込んでからというものの曇ってるかと思いきやいきなり雨が降り出したり…

え、待って、これ星空見れるの!?

私の心も土砂降り。

そんな暗い気持ちでバスに乗っていたんだけど、テカポに着いた瞬間、

あれ、晴れてる!!

そう、着くギリギリまで天気は最悪だったのに、着いた瞬間天気が回復したのです。

もう顔がついつい緩んでしまったよ。

それからの天気は曇ることもなく快晴。

f:id:theworldofsilence:20170323120525j:plain

 

ホステルに荷物を置いてから、湖の周辺を散策。

天気が良かったから湖も本当に綺麗で、ずっと見ていても飽きなかった。

 本当に美しい湖。

f:id:theworldofsilence:20170323121420j:plain

南島に来たからには思う存分自然を楽しみたかった。

新鮮な空気を吸いたかった。

テカポには一泊しかしない予定だったから、ほぼ一日中外で過ごしていた。

大きめの岩の上に乗って、湖を前にしながらの読書。

なんて贅沢な時間なんだろう。

こっちは日が沈む時間が遅いから長いこと外に出てられる。

 

8時半頃からいよいよ星空ツアー。

マウントジョン天文台には昼は個人でもいけるけれど、夜はツアーに申し込まないと行けないからEarth&Skyのツアーに申し込んでいざ出発!

ここでは星の観測をしているらしく、フラッシュや白い光は厳禁。

そのため、バスの中の光も赤、手渡されたライトも赤だった。

(ちなみにその赤いライトはプレゼントされました…今後の使い道がわからない)

バスでしばらく上の方まで登って到着。

バスの中でも星は見えていたけれど、一歩外に出てびっくり。

ヴァーーーっと星星星星!!!

あぁ、ついに見れた…

(左が天の川、右上にぼんやりと写っているのが大マゼラン雲、右下が小マゼラン雲)

f:id:theworldofsilence:20170323123018j:plain

 

ツアーではまず、南半球でしか見ることのできない南十字星や十二星座の説明から始まり、特殊な巨大天体望遠鏡で星団や木星を観察。

この日は運良く風もない上に晴れていたため、木星の模様や木星の月も三つはっきりと見えた。

ツアーガイドさんはどうも宇宙ラブらしく、宇宙の神秘について熱く語っておりました。

「すべての事柄は突き詰めていけばすべて宇宙にたどり着くんだ!」

f:id:theworldofsilence:20170323123052j:plain

途中から暗さに目がだいぶ慣れて、ますます多くの星が辺り一面に現れた。

とにかく星の量が尋常じゃなかったためか、頭がくらくらしてしまった。

 

テカポの町では、この星空を守るために町全体の街灯の色もオレンジ色且つ広がらないように傘で囲っているらしい。

ほかの場所でも東京よりは断然星は見えるけれど、テカポは桁違いに見えると思う。

 

f:id:theworldofsilence:20170323123659j:plain

天気がなんとか回復してくれて本当によかった。

これが見れただけでもわざわざ来た甲斐があった。

 

星空にご興味のある方、ぜひ。