つい笑顔になってしまう場所【ニュージーランド・クイーンズタウン】

テカポの美しさに後ろ髪を引かれながらも、クイーンズタウンへバスで向かった。

テカポからクイーンズタウンまでの道のりには、またもや美しい光景が広がっていて少しも飽きることなくクイーンズタウンに着いてしまった。

クイーンズタウンへ一歩降り立った瞬間に思ったの。

あぁ、ここすごく好きだなぁ。

f:id:theworldofsilence:20170324151536j:plain

南島に移動する前に、オークランドでのステイ先の方に「クイーンズタウンは小さくてテーマパークみたいなところだよ」と言われていて、5泊もする予定だった私は飽きてしまうんじゃないかとほんの少しの不安を抱えていた。

だけど、着いてそんな不安も吹き飛んだ。

たしかに街自体はとても小さいしせいぜい二日もあれば回れてしまう。

でも私にはこの小ささがすごく心地よかった。

小さいながらも街は活気で溢れていたし、もう少し滞在期間を延ばしてもよかったくらい。

湖の周りには犬と一緒に弾き語りをするおっちゃんや操り人形を動かすお姉さん、移動式の木製ピアノをひくヒッピー系のおじさん、エトセトラ。

こんなちょっとした芸を持った人が毎日必ずいた。

だから街を歩いているだけでつい頬が上がってしまっていた。

もう想像するだけで楽しいでしょ?

もちろんクイーンズタウンの自然も美しかった。

ホテルの目の前にはワカティプ湖があって、その右には街並みが、正面には山々が連なっていた。湖を前に寝転んで、目を閉じると人々の話し声や鳥の鳴き声、水のせせらぐ音が聞こえてくる。

 f:id:theworldofsilence:20170328112218j:plain

着いて二日目、ゴンドラに乗って上の方までいってみた。

たまたま一緒に乗り合わせたお兄さん二人に色々話しかけられたのだけど、にこやかな顔とは裏腹にやたらF wordを連発していてなんだかちょっと怖かった。

おまけに予想外に揺れるし止まるし…

そんなちょっと嫌な気分になりながらも到着して、さっそく展望台に向かった。

眼下にはクイーンズタウンの街と湖、そして山が180度に広がっていた。

f:id:theworldofsilence:20170328112854j:plain

ここではリュージュという乗り物にも乗れるんだけど、これがもう最高に楽しそうだった。(さすがに一人で乗る気にはならなかったけどね)

咄嗟に撮った写真だから見にくいけれど。

ゴーカートの簡易版のようなものかな。

f:id:theworldofsilence:20170328113143j:plain

このあとはいくつかあったトレッキングコースに向かった。

あまり歩いている人がいなかったから、目の前の絶景、鳥の歌声、気持ちのいい風、そのすべてを独り占めできた気分になっていた。

途中ちょっと横に目を移すとヤギ同士が喧嘩していたり(巻き込まれないかハラハラ)自分の目の前に綺麗な鳥が止まったり…なんともレアな経験。

たまにすれ違う人とはちょっと挨拶したり。そういうちょっとした出来事が嬉しい。f:id:theworldofsilence:20170328114026j:plain

最後までいきたかったけれど、ジーンズでは歩きにくくて断念。(ジーンズ履いてしまったことを本当に後悔)

f:id:theworldofsilence:20170328114837j:plain

 

クイーンズタウンではとにかくゆっくりまったりしていた。

1日だけミルフォードサウンドには行ったけど(次の記事に書きます)基本的にはカフェでゆっくりブランチをしたら広場か湖の前で本を読んだり、ただただぼーっとしたりしていた。

でもこれが本当に良かった。

ちょっと前までは時間に追われがちだったし、四月からは学校も始まって忙しくなるから、なにもしない「暇」な時間をつくることは今のわたしにはなくてはならないことだったんだ。

動いていることは好きだけど、ときには内省する静かな時間も絶対に必要。

その時間がクイーンズタウンで得られた気がする。

 

f:id:theworldofsilence:20170328115104j:plain

ここへはまたいつか絶対に戻ってきたい。

何年後、何十年後かわからないけれど、近いうちにきっとね。