親子関係の構築

 親子って、家族ってなんだろう。

 私の場合、特に父親との関係性はほかの誰とも異なる不思議なものだと思う。だって、20年一緒に過ごしてきても未だに彼に話しかけることが苦手だし、二人きりで一緒の空間にいたら緊張しすぎて疲れるもの。

 

 18年間一緒に暮らしてきたけど、父親と二人で笑い合って話した記憶なんてない。一応私も幼い頃は父に日々の出来事や考えていることを伝えたくて話しかけたことが何度もあったけど、その度に無視されるか話の途中で遮られるかのどちらかだった。伝えたいのに伝わらないもどかしさや悲しみ、怒り…そんな感情でぐしゃぐしゃだった。幼い私はその感情にどうアプローチしたらいいのかわからなくて、感情が涙となり心に痕を残した。そのうち、聞いてくれないなら話さなければいいという結論に至って、もう父との距離は埋まらないし埋めようとも思わなくなった。ある程度離れていることが私の心の安定に繋がったし、これがベターな選択だと思った。家族だからといって必ずしも距離を縮める必要はないし、むしろ一定の距離を保つことで良好な関係を築けることだってあるよ。

 それなのに、離れて暮らしてみると父は「なぜもっと家族の会話を大事にしないのか」「家族の時間は限られているんだから大切にしなさい」などなど言うようになった。正直、戸惑った。どうして今更?と。もちろん、小さい時はどうして父はこうなんだと思っていたけど、今となってはそういう人なんだと受け止めている。だから今の関係性を壊そうとしないでほしい。今までそれでやってきたじゃない。それに、そう言うわりには父は自分からは話してこないでひたすら私から話しかけるように求めるのだ。どうして私ばかりに求めるの?

私と母の関係は比較的良好だし、それを見る父がそういう関係に多少なりとも憧れを抱いていることはわかっているつもりだ。だけど母との関係性だって一朝一夕に築いてきたものじゃない。時には衝突だってした。だけど母はなるべく私とフラットな関係でいてくれたから、私が謝ることもあれば母が謝ることだってあった。父との関係は常に上下だった。だから今更その関係を変えることはお互いに不可能だと思うし、無論、母との関係と同様のものを築くことは絶対に無理。

そうはいっても私はできることなら良好な関係を築きたいのだ。だから物理的にも精神的にも一定の距離感を保ちたいし、たまに会うくらいがちょうどいい。父はこういう関係を「ドライな関係で嫌だ」と感じているみたいだけど、家族のあり方なんて10人いれば10通りの在り方があるんだからいいんじゃないかなと思う。

そもそもこれは家族に限った話ではなく、良好な関係=ベタベタした関係ではないはず。たしかに、ある人とはとても距離が近いかもしれないけど、一定の距離を保っているからこそ成り立つ関係もある。

 

 

 それと、よく父が言う「家族だから」という言葉。これは本当に嫌だなと感じる台詞の一つ。「家族だから〜しなさい」「家族といえど〜するな」という相反するような事柄が「家族」というフィルターを通すことで当たり前のようにまかり通っている。「家族」という言葉を入れることでそこにはある種の強制力が働き、それに抗おうとした途端自分は異端者扱いをされてしまう。家族、家族、家族。家族だからなんだって言うんだ。そこにあるのは私とあなたという一対一の関係、つまり私と私以外の人間(他人)の関係だけだ。「家族」という言葉を使うことによって、そこにいる他人が他人でなくなるような錯覚を与えられる。

 

率直に言ってしまうと、家族って、親子って面倒だなと感じざるを得ないよ。家族だから、親子だからってなんでも通じ合えると思うの?そんなわけないじゃん!私たちは他人同士。その前提を踏まえていない「家族だから」は甘えでしかないよ。

相手が誰であっても、伝えなければ伝わらないよ。